忍者ブログ
ゆるりと稼働中
[139] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129] [128
2017/10/19 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/12/22 (Sat)
少し前の話になる。

@川崎CITY

不調続きの身体をおして行った甲斐がある演奏だった
サラ・チャンのブルッフ作曲バイオリンコンチェルト第一番

泣いちゃいました

若い。
エネルギッシュ。
身体全体が楽器。

彼女の魅力はそこにある。
逆に、ほとばしり過ぎてしまう感も否めなかったけれど、そんなのは吹っ飛んでしまう。
体も口の大きさも振る舞いもAmericanだった。
ただ、ドレスの紅は韓国のチマチョゴリを思わせた。。
一つ文句を言うならば、演奏スタイルだろうか。
手首をぐるっと素早く回す独特の弓の扱いは、アメリカでは流行るのかしら?

私はもう少しがつがつしていないほうが好きだ。
あれじゃ早過ぎるー、と思う時があって。
彼女の曲の中での波の作りかたと私のそれが違うので、ちょっとワクワクしながら見ていた。

そして更にその後のマーラーが…あんな演奏聞いたことない!
ない!ない!

なーい!


実は今までマーラーあまり好きじゃなかったんだけども、聞いてみようと思いました。
おっきいだけじゃないんだね、マーラー(>_<)
(ファンには失礼ですね)

初めてブラボーって叫びました(笑)
ブラボーは、言おうとして叫ぶんじゃなくて、『出てきちゃう』んですね はぁ。。素晴らし過ぎる2時間でした。。
今でもあの戦慄が…

たまに脳天直撃演奏があるんだけど、これはは内からうぉーって感じ。

ヴラーボゥー
わー わー

あんなに拍手が鳴りやまないのもなかなかないよ、実際。
演奏者が掃けてるのに拍手が続いて、指揮者のヤンソンスがまた出てきてやっと収めた。。

わー わー

興奮注意報ですね
近寄ると危険です
思い出しただけでこんなですからね

ぶらぁぁぁあヴぉう
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< とりあえずの■ HOME ■ か 肩が・・・ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ プロフィール ■
HN:
saya
性別:
女性
■ カレンダー ■
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■ 最新コメント ■
[09/10 あっぴ~]
[08/27 パナチ松井]
[07/22 いわ]
[07/22 コニタン]
[07/20 uuki]
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]