忍者ブログ
ゆるりと稼働中
[31] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20
2017/10/19 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/05/01 (Tue)

何から書こうか
すごく充実した一日で迷ってしまう
素敵すぎる休日だった

まずは昨日のAngela Akiのライブ報告からいきたいところであるが
私の心を掴んではなさないJeanneを紹介することからはじめることにしよう

先日、実家に帰る電車の中吊り広告で彼女と出会った
正確には、彼女の夫であるModigliani(モディリアーニ)の描いた絵と「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」の存在を知った

"運命のアーティストカップル"

らしい.
ふーん.

恥ずかしいことだが私は初めて聞く名で
"運命"らしいからちょっと波乱があったのかしら?
それともすごぉく情熱的な出会いと愛の営みが??
と頭をかけめぐったけれど正直それよりも彼の絵が私の心を惹きつけた

6/3までだから、とりあえずチェック項目にいれとこ!
と手帳にメモ、メモ
それが4/22.

今日は友人とフランス映画祭で逃した作品を観ることになっていたので渋谷へ
お茶をして時間をつぶしている間にふと私は思い出したのだ
「そういえば、Bunkamuraでやっている展示会が気になるんだよね」


「じゃ、行ってみる?」

わーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょっと疲れてそうだったから、いいのかな?と思ったけどうれしかったよ
友よ ありがとう
結局 私ははまってギリギリまで見ちゃったんだよね
寝不足なのに付き合ってくれて本当にありがとう

さて、チェックすることにしたにも関わらず6月までだからと前情報なしで(カップルということは広告で知ったが)突入することとなった

展示会の構成は、私みたいな超素人にもとても分かりやすくなっており
彼らの出会いや奇跡を辿りつつ作品を追っていくことができた

今まで、モディリアーニのミューズとしてしか認識されていなかった妻ジャンヌ.
彼女自身がまたアーティストであり
今回の展示会、実は彼女の絵(油彩、素描、ガッシュ絵・・・)と字(彼女が大好きな小説の挿絵を描いた作品で彼女の字も知ることができる)に目を奪われた
もちろん、旦那のモディリアーニの作品もすばらしく、今までこういう絵はそんなに好きじゃなかったのに
新しい自分の趣味を発見して面白かった

ラフスケッチもたくさんあったので、こういう風に描くんだー、と純粋に楽しめた
ちょっと絵を描くときの参考にしたいな、と思えるものも多くあった!
でも、それにはそこに行き着くまでの修行が必要なのか?まぁいいや.やりたいようにやります

最近、海のためにケチケチしているのに図録まで買ってしまった
こんなにぐいぐい来る出会いになろうとは予想していなかったからちょっと驚いている
でも、アンテナに素直にしたがいますよ

Bunakamuraホームページで日本人にモディリアーニが人気だということを知った
やっぱりミーハーなんだね 私.でも、周りが好きだからとかじゃないよ

図録をひもといて、もう一回行ってもいいかな、と思っている
なんなんだ、ジャンヌ!

こういうのって、やっぱり観てみないと分からない.
もし興味が湧いたらぜひ渋谷 Bunkamuraザ・ミュージアムへ
私みたいにつかまっちゃうひと、つまらないなと思う人、教養になりましたわと思う人、いろいろだと思いますが何か思ったら教えてください

そうそう、今回のとらわれ方は
びびっと来た!
という感じではなかった
ぐいぐい惹きつけられてやまない、というわけでもないし
広い心に射した光、という風でもない.

どこかしっとりと でも胸の辺りの温度があがってくる
そんな感じかな


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おおお、よかったね!
自分の周囲にモディリアーニに言及する人がいなかったので、新鮮な感想です。
そうかそうか、ふむ。
趣味がまったく違ってもそれが逆に面白いです。

私はモディリアーニもジャンヌも美形夫婦だったんだなー、とか友人はあの夫婦とどのようにしてつきあっていたのだろうか、とかアホなことを考えながら見ていました。でも夫婦の絵が並べて展示されているのって珍しいから、同じような対象をそれぞれの視点で眺めるのってよかったですね。
墨野 URL 2007/05/04(Fri)18:25:46 編集
たしかに美形
私もそれ、思った!やはり顔がいい男は美女としか付き合わないのかー?とか突っ込みを入れてました。
そんで、ジャンヌはいいお家の出なのにずいぶんと家族は理解あるんだなぁ・・・と妙に感心もしていました。

そんでね、絵はどこがよかったかと言うと・・・。

コメントがすごーく長くなりそうなのでblogの1テーマにします・・・。読みにくくなりそうだから。。。

いやはや、ほんとに今まではあーいう類はそんなに好きじゃなかったんだよね。
でも、おかげでいい出会いできましたっ
Thanks!
saya 2007/05/04(Fri)18:59:27 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< angie■ HOME ■ ka ne >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ プロフィール ■
HN:
saya
性別:
女性
■ カレンダー ■
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■ 最新コメント ■
[09/10 あっぴ~]
[08/27 パナチ松井]
[07/22 いわ]
[07/22 コニタン]
[07/20 uuki]
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]