忍者ブログ
ゆるりと稼働中
[371] [370] [368] [361] [366] [365] [364] [362] [360] [359] [357
2017/09/20 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/07/16 (Sat)


今年も暑すぎる・・・と思って去年の絵日記を見てみたら。。。 ↑ 今年はまだこれにはなってません

今日は マラソンクラブの練習日
走る前に講義のようなものがあって 今回は誤解が多いレース中の水分補給についてでした

ざっくりまとめると
「喉の渇き」に応じてイオン飲料を摂取する*

そして 水分補給量は必ずしも発汗量と同じでなくてもよくて多少の不足は○。 ただし、

脱水率を2%程度までにおさえる
(脱水率=体重減少量/走行前体重x100)
 
 
脱水率は体の症状でも分かります!
   1%  喉の渇き
   2%  強い喉の渇き
   3% 運動能力の低下
   5% 熱疲労が顕著
7% 精神錯乱・・・
 10% 生命の危険
 
 

そう パフォーマンスが低下してきたら要注意なのです
脱水予防のためにも、パフォーマンス維持のためにもイオン飲料、もしくは水+梅干や塩飴を!

マラソンの給水地点で水を必ず補給しながら走って水中毒になったということもあるようです

「体の声に耳を傾ける」 …これもとても大切なことだと言っていました 『おいしい』 『喉渇いた』

あと、ためになったのが 「薄めたものはあまり意味がない」 ということ
理想は 0.1~0.2%の塩分・・・といってもよく分からないので 下を覚えて ボトルチェック!

ナトリウムが 40~80mg/100ml

+ + +

* 汗をかき、塩分とともに体の水分がなくなっているところに「水」をいれても、それは体液を薄めることにしかなりません。体は体液の濃度を常に一定にしようとする働きを第一にするので、入れた水は尿として排泄されてしまい、結果として脱水が起こります。これを自発的脱水といいます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
アミノバリューは
ええ仕事しまっせ!
ナトリウム、クエン酸、必ず給水所では口をゆすぐ程度で、せいぜい飲んでも一口。一回ゴクゴクいきだしちゃうと止まらなくなっちゃうし、口の中をサッサパリするの大事。
あとは塩分補給用の飴を私は使いました。
サプリメント類でポーチがいっぱいになってたよ(笑)
いわ 2011/07/17(Sun)01:42:51 編集
じつは
アミノバリューのランニングクラブなの(笑)
いい仕事するよね 味もおいしいほうだし

いわの指摘通り、トップランナーはともかく市民ランナーは一口にしとかないと水中毒になっちゃうみたいね
こわい、こわい(@@)

私はレース中に何も持たずに走ってしまい、飴がほんとに欲しかった!!

今年は用意していくよ!
saya 2011/07/17(Sun)14:22:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
■ プロフィール ■
HN:
saya
性別:
女性
■ カレンダー ■
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■ 最新コメント ■
[09/10 あっぴ~]
[08/27 パナチ松井]
[07/22 いわ]
[07/22 コニタン]
[07/20 uuki]
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]