忍者ブログ
ゆるりと稼働中
[83] [82] [80] [78] [77] [76] [74] [75] [73] [72] [71
2017/12/15 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/09/06 (Thu)

体動を避けなければならない手術の時は
筋弛緩剤という 筋肉の収縮をストップさせるお薬を使います

麻酔医は
手術が終わるとき、筋弛緩が解けているように 調節していきます

ただ解けばいいなら簡単だけれど
意識や痛み止めの副作用とかそういう諸々のことを考えないといけなくて
そしてそれは 一人一人 その時その時によって違うので 難しいと思います

意識が覚めたのに
体が動かない

これはいわゆる 金縛り という状態と同じですが
それでなくても 手術という緊張状態にある患者さんは
耳は聴こえるけど 見えないし動けない という状況の中で
どんな気持ちに襲われているのかと
想像するだけでも苦しくなります

「薬の使い方を間違えるとこういうことになるんだよ。
こういうことはね 避けなきゃいけないよね、
そのためにも勉強しなきゃね」

はい、先生

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
『麻酔』
渡辺淳一『麻酔』読んだことは?
私のレビューにも書いてあるのだけど、手術の時の麻酔から始まる話。
もし時間があるのなら、読んでみてほしいな。
satoru 2007/09/06(Thu)20:24:24 編集
はい
あら!
今度よんでみます
というより読み聞かせ所望。
saya 2007/09/06(Thu)20:33:10 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< project M■ HOME ■ balance >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ プロフィール ■
HN:
saya
性別:
女性
■ カレンダー ■
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■ 最新コメント ■
[09/10 あっぴ~]
[08/27 パナチ松井]
[07/22 いわ]
[07/22 コニタン]
[07/20 uuki]
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]